懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介。応募に役立つ情報や雑誌コラムに取り上げられた記事紹介など小島かつらがブログを通してお伝えいたします!

秋旅

2007.11.27 (Tue)

話が前後しちゃうが、先月、当選した宿泊券で「天童荘」に行ってきた。

その日は、あいにくの雨。
しっとりと濡れる紅葉を眺めながら、ひと山越えて天童へ。

チェックインの時刻より、ずいぶん早め(2時前)に着いてしまったので
宿の向かい側の、天童荘が運営するガーデン・カフェに。

オッサレ~。

こう言っては地元の方に申し訳ないが、ひなびた温泉街にしては洗練されたお店。
都会的な要素も加味しつつ、地元のよさが融合されたインテリア。

天童はそもそも、天童木工多田木工など曲木の家具メーカーがある。
柳宗理のバタフライチェアなぞ、さりげなく置いてあったり、
鋳物の急須などの器が、実にいい感じで飾られてる。

これから泊まる宿の風情も期待できそう・・・。

これまたオサレなメニューの写真を見て、
地元産の大粒巨峰がコッテリ載ったパフェにしたかったが、
行った時間がランチタイム中で
「しばらくお待たせしますが、よろしいですか?」
と言われ、キャラメルマキアートに変更(中年の女は新し物好きなの♪)



さて、宿の場所は確認したので、チェックインまでの間、
近くの名所・施設をめぐってみよう。
私は歌麿美術館に行きたかったが、美術鑑賞が得意でないラッタの反応が思わしくなく断念。

ならばと行ってみた「道の駅」。
地元の方には申し訳ないが、なんかパッとしない。
出羽桜吟醸酒ほか地元で採れたきのこなど数点を購入。
スタンプラリーの用紙があったので、2人分、ペタッとな。

通りすがりに「佐藤千夜子記念館」を発見!
佐藤千夜子・・・知らんでしょうな~、今の若い人は。
私が小学生のころ、朝の連続テレビ小説「いちばん星」のモデルになった日本初アイドル歌手という人物。
佐藤千夜子の人生同様、波乱なドラマで、主演女優が体調不良で途中降板になったりも。
舞台が山形ということで、結構、地元では盛り上がったけど、
数年後「おしん」のほうが有名になっちゃったので、なんだか印象が薄まった。
それでも子どものころ、原作本が家にあって、分からないながら読んだ記憶があり
「おお!なつかし~!行こ行こ!」と車を降りた。
・・・が閉まってる。休日なのに。


ついに観光気分を味わえないままチェックインの時間となり、再度、天童荘へ。

いや~、みごとなお宿。
あまりにステキで、館内をパチパチ撮影するのはハバカラレたので、
雰囲気はホームページを見てね。

通されたのは「さわらび」という一番奥のお部屋。
次の間なんかもあったりで、広い。
縁側もあって、庭も広く、カササギが飛んで木の実をついばむのも
間近で楽しめた。
派手さはないが、欄間には部屋の名前にちなんだ、さわらびの彫刻がほどこされ、
季節の花が控えめに生けられたりと、きめこまやかで上質感がある。

到着してすぐ、お茶と一緒に出された小ぶりの塩大福がおいしかった。
餅にゴマが練りこまれて、餡が薄紫色でいい塩気。
宿が近くの餅屋さんに頼んで特別に作ってもらってるそうで、
すぐ硬くなって日持ちしないので、販売していないとのこと。
お土産にしたかったが、残念。

お風呂はそう広くはなかったが、いい湯だった。
予約すれば貸切スパが使えたそうだ。
備品も、どれもセンスがいいものでまとめられていた。

天童荘は、料理が自慢の宿。
地の素材を使ったもので、一品一品キレイで、しみじみおいしい。



献立の組み立て方もカンペキ~!
品数の多さに食べきれるか心配したが、ほどよい量でバランスが良かった。



デザートで、お昼にあきらめたパフェの巨峰くんに逢えた♪ジューシー♪



声のトーン高めの仲居さんは愛嬌たっぷりで
何を聞いてもパーフェクトな回答。
(唯一、佐藤千夜子については、詳しくなく・・・)
配膳のタイミングもグー。

ごちそうさまでした。

後は、天童ワインの試飲室があったり、サロンで雑誌や郷土史を読んだり。
あ~まったりのんびり・・・。



翌朝。



天童荘は、元々うなぎ屋だったそうで朝食には蒲焼が。
卵焼きも、ふんわり熱々。お味噌汁も香り高い。
お部屋ごとに時間を計って、作ってるそうな。

どこかしこも神経が行き届いて。おかげで、ゆったりと過ごせた。

こんなふうに大切にしていただくと、それに見合うひとになろう
と思えた。

常に日本の宿ランキング上位にいる天童荘。
こんど「婦人画報」1月号にも、掲載されるとか。

年齢のせいも時間の都合もあるが、ちかごろは、
海外旅行やテーマパークより、近場の温泉でまったり、が一番心地よいなぁ~。
という結論に達したのだった。
 
ランキングに参加中です。応援してね♪
クリック!
人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

Unknown
あらぁ~
やっぱり、そう思います?
私も休みとか時間の関係もあるけど、海外旅行よりは確実に日程の取れる国内旅行、そして永遠の温泉狙いで応募し続けてますが同じような理由です(笑
のんびりリフレッシュできてよかったですね。
私も、佐藤千代子さんの生家など見に行ったことありますよ。

天童荘
行かれたのですね。思いっきり地元っ子のねこうさぎです。
まぁ、ぶっちゃけ、あそこの道の駅は本屋の為しか利用は…げふっ。あとドドール^^;
色んな道の駅を見ておりますが、あそこは「本屋に付随したみやげ物や」くらいの感覚でいいと思います。元はああじゃなかったんですけど。
佐藤千代子さんの生家に行かれるには一番いいのが人間将棋をやってるあたりじゃなかったかな?と記憶しております。ちょっと調べてみたら、無休っぽかったんですが…あれ?
個人的には道の駅近くのオルゴール博物館と舞鶴山付近の東村山郡役所跡の資料館がおすすめです。
確か毎年1月には道の駅付近で「平成鍋合戦」なるものが行われ、県内色んなところのうまい鍋が食べられます。寒いですが1度どうぞ

温泉
 こんにちは、お二人でまったりされて来たんですねえ、我が家だったら主人の定年後かなあ? でも全く趣味が違うので、二人での旅行なんて実現するだろうか(笑)
 来年タキツバのツアーがあるので、こちらも実現するかはわかりませんが、次女と仙台公演(3月)を申し込んでみる?と相談中、早速往復飛行機とホテルのセットプランを検索。まだ予約は取れそうですが、どうなることやら。

温泉、大好き♪
こんばんは♪
素敵なお宿だったんですね~
先日の休日に、ワタシも近場の温泉地に1泊してきたのですが、かつらさんに同感です。
神経の行き届いたお宿を利用すると、本当にゆったりと過ごせますよね。
上質な時間が過ごせた・・・とでもいいましょうか。
それに見合った人になりたいな、と心から思いました。
ワタシは温泉大好きで、昔から『海外旅行』よりは『国内旅行でまったり』派です。
旅行は日常の疲れをリフレッシュ出来るものとして考えてますから、国内旅行でちょうど良いのかも?ですね。
今度は、ワタシも懸賞で旅行を当ててみたいな・・・

温泉いいですね
温泉いいですね!私も行きたいです。宿泊券はまだ当選したことがありません。早く当選して温泉にゆっくりつかりたいです。それとおいしい料理も。
写真ありがとうございました!また機会があればお会いしたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

小島かつら

Author:小島かつら
懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介しています!


懸賞なびサイトに連載中!
小島かつらコラム

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内を検索

著書・雑誌掲載

★懸賞なびに掲載されました!
















●その他雑誌・テレビ等の掲載記事

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>