懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介。応募に役立つ情報や雑誌コラムに取り上げられた記事紹介など小島かつらがブログを通してお伝えいたします!

町一番の金持ち

2010.09.02 (Thu)

しばらく前、「ゆほびか」ムック本のお話をいただいた。

タイトルは
「ゆほびかGOLD vol.8 幸せなお金持ちになる本」

大変人気のあるシリーズらしい。

このお話をお受けするべきか、実は結構悩んだ。

だって「幸せなお金持ちになる本」だよ。

現在発売中のvol.7、すごい人達が名を連ねてるし、
私、スピリチュアル系は、あんまり得意でないし・・・。

しかも、最近ウチのクルマが2台とも調子悪い。
暑さのせいで電気代もすごいことになってるし
その他、住宅ローン返済、学費、入院費等々の
出費にあえぐ主婦・かつら(45歳)なのだ。

それなのに、お金持ち本にねぇ~。
私が載っちゃっていいのかしらねぇ~?

などと迷ってたら、ふと、思い出したことがある。

それは、昔テレビで観た「大草原の小さな家」のドラマシリーズ。

開拓期のアメリカを舞台にした家族の物語で、
原作も好きで読んでいたが、ドラマも大好きだった。

そのお話のひとつを思い出したのだ。

その内容は・・・(多少記憶に誤りがあるかも。ごめんね)

製材所で働く父さん(本業は農家)は、
ある晩、愛する家族と食卓を囲みながら
次の給料がもらえたら、オルソンさんの店(町の雑貨店)で
妻や子ども達にあれを買ってあげよう、これも買ってあげよう
と嬉しそうに話していた。

ところが翌朝、突然「製材所が倒産した」と告げられ、
クビになってしまう。

当然、給料も出ない。

家には、お金が無い。

そこで、オルソンさんの店を訪ねて事情を話し、
「次の収穫まで、ツケで買い物させて欲しい」
と交渉するが、嫌味なオルソンの奥さんに
「まだ前の分も払い終えてないのに!」
と、けんもほろろに断られてしまう。

侮辱された父さんは、意地でも自分の力で返すことを決心し
家族の元に戻って謝ると、母さん子ども達から
「みんなで力をあわせれば大丈夫よ」
と、なぐさめられる。

翌日から、父さんは出稼ぎに、残された家族は
みんなで節約に励み、父さんの代わりに畑で必死で働く。

学校では、子ども達が、意地悪なオルソン家の姉弟に
ノート(だっけ?)を持ってないことを冷やかされるが耐え、
事情を知ったさまざまな人にも助けられて、
期限まで、どうにかお金を工面することができた。

お金を数え終えた父さんは、
「みんなで稼いだお金だ!みんなで返しに行くぞ!」
と家族全員で馬車にのりこみ、
オルソンさんの店へツケを払いに行くのだった・・・。

お金を受け取ったオルソンさんのご主人(唯一話が分かる人)は、
誇らしげな笑顔の家族の姿を見て、父さんに

「君は町で一番の金持ちだよ」

と、うらやましそうに言って見送るシーンで終わるのだ。

めでたしめでたし。

あ~感動的♪

・・・あ、でもなぁ~、なんだかあの最後のセリフしっくりこないな~
「金持ち」って言っても、父さん、相変わらず貧乏だし
(やっと返済できた状態だもん)
と感じた。

その気分のまま、エンドロールを見てたら、
原題では「一番の金持ち」は「Richest man」なのだった。

・・・ああ~!
英語をそのまま訳すから違和感あるのか。

リッチマンかぁ~!リッチな人ね。

「Rich」は、お金そのもの(札束とか)を持ってるって意味じゃなく、
「豊かな」「恵まれた」「みごとな」の別のニュアンスなら
「豊かな恵まれた人」ってことで納得できるなぁ~と。

父さんは、まさに「豊かな家族の愛情に恵まれた町一番の男」なのだった。


・・・さて、今の話から、私の場合に置き換えてみますかね。

うちの家族仲はまずまず。
娘とは、うまくいかないことがたまにあるけど(笑)
とりあえず夫婦仲も悪くないし(ほぼラッタの努力と忍耐)
老化は感じるがまずは健康に恵まれ、
好きなことを仕事にできて
掲示板やブログで皆さんに応援していただけて
ときおり懸賞当選にも恵まれて・・・

ならば、私もリッチってことで・・・いいのか?

やや強引にそう思うことにして、お引き受けした次第。

皆さんも強引に思ってしまえば、
「お金はないけどリッチマン」になりますよ。
ちょっとハッピー♪


「ゆほびかGOLD vol.8 幸せなお金持ちになる本」
は、9月29日発売です。

発売は、まだちょっと先ですが、ネット懸賞について
とても分かりやすく書いてある記事です。

それと、記事内に登場するお二人の体験談もおもしろいです。

ぜひ読んでみてくださいね。
 
ランキングに参加中です。応援してね♪
クリック!
人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

はじめまして。ミトンと申します。
かつらさんのブログいつも
楽しみに拝見させて頂いてます。
大草原私も大好きでした!
なのに1話もロクに覚えてなくって
かつらさん鮮明に覚えていらっしゃって
すごい!
視点を変えるとホントいろんな事みえてきて
今の自分は幸福なのかも~とおもいました。
素敵なお話ありがとうございました。
またブログにお邪魔させてください。

お久しぶりです♪

大草原の小さな家 
私も大好きで夢中になって見ていました
かつらさんのブログを読んでいると大草原~の
懐かしい映像が蘇ってきました
大草原の生活に憧れたものですe-267
本当のお金持ちの意味
そうですよねe-465
ゆほびか 必ず購入して拝見します
まだまだ暑いですがお体ご自愛されて
また素敵な記事を楽しみにしています

こんにちは^^私も子供の時親と一緒に見てましたよ~懐かしい!一家で穏やかなランプの下食事するシーンが、とっても温かみがあって良かったなぁと思い出しました。
札束を持ってる人より、ヒトの愛情に恵まれている人のほうが真に豊かだと思います~☆もちろんお金はあるに越したことないですが(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

小島かつら

Author:小島かつら
懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介しています!


懸賞なびサイトに連載中!
小島かつらコラム

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内を検索

著書・雑誌掲載

★懸賞なびに掲載されました!





小島かつら (著) 白夜書房



小島かつら (著) 翔泳社
1,512円(税込)


●その他雑誌・テレビ等の掲載記事

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
327位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
54位
アクセスランキングを見る>>