懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介。応募に役立つ情報や雑誌コラムに取り上げられた記事紹介など小島かつらがブログを通してお伝えいたします!

お花見

2011.04.06 (Wed)

私が住む地域は、先週、都市ガスが復旧。

蛇口からお湯が出る~♪

なんてうれしいことったら!

その前は、ドライシャンプー・泡タイプ清拭剤と
(↑昨年、息子達が入院したとき買ってあった)
ストーブで沸かしたお湯でもって
コマメに頭と体を拭いてしのぎ、
電気が復旧してからは近所の友人宅(オール電化)に
もらい湯してたけど、やっぱり自宅の浴槽に湯を張り、
どぶん!と浸かれるって、サイコー!

ガソリン不足も、ほぼ解消。

こないだまでの長蛇の列がウソのよう。
おととい、待たずに満タン給油できた。

スーパーも再開。

先週は「夕方5時」で閉店だったお店が、
昨日は「夜8時まで営業」に延びてた。

ヨーグルト・納豆・保存食品・ペーパー類の棚は
ガラガラに空いているが、
お肉やお魚、野菜など生鮮食品は
九州産など遠方からの新鮮な品が並ぶ。

「一部、天井と柱に亀裂のある個所がございます。
また余震で棚上部の品が落ちる場合もありますので
お近くをお通りの際は、お気をつけくださいませ」
なんて、どう注意すれば?な店内アナウンスが流れる中
いつものようにお客さんが買い物してる。

雑誌は入荷されないらしく、見事に棚が空っぽ。

他の店舗では、雑誌がたくさん陳列されてたが
よく見ると並んでいたのは4月号(前月発刊号)ばかり。


とはいえ、少しずつ少しずつ前に進んでる。


インフラ復旧など各方面で尽力してくださる皆さん、
義援金や物資など支援してくださる全国の皆さん
本当にありがとう~!



さて、人間らしい暮らしができるようになって
気になるのは、最近の自粛ムード。



私も、ようやく応募できる気持ちが湧いてきて
「温泉宿泊券でも当てたいなぁ~」
「ご当地グルメのおいしいもの食べたいなぁ~」
なんて夢見たかったのだが、
大手企業の懸賞は、軒並み中止・延期。

肩すかし。



それと、お花見・・・なぜイケナイの?

確かに、どんちゃん騒ぎは謹んでほしいかも。
それと夜間照明の節電や花見客の安全のため
というなら理解できるけど。


でも、そもそも「花見なんて、けしからん!」
と言いだしたのは、被災地の人なのだろうか?

現場では、日々をどう過ごすかだけで精いっぱい。

都会で何がどうなっているのかの情報が
十分届いてるとは思えないし、しかも
それに関心を払って物申す余裕がある人なんて
どれだけいるんだろうか?


テレビで見る避難所の方達は、とても謙虚で忍耐強い。

お互い大変なのにボランティアを買って出て、
助け合う光景は感動する。

おにぎりひとつにも「ありがたいことです」
と感謝を示していらっしゃる。

その方達が「けしからん!」と言う絵が
どうも想像できない。


自粛は、被災者に寄り添う気持ちで
文字通り“自発的に”なされるならいい。
そして、被災者もそれを望むのならいい。
でも、無理してしぶしぶ付き合うのはどうかと。

・・・と思う人は、ホントは多いのだろうが
うっかりフライング発言すると、ひどいバッシングを受けちゃう。

それが怖いので、誰もがキョロキョロ様子見しあってる印象。

そのうち、うんざりした全員が、
我慢も限界!とばかりタイミングを見計らい、
「ぼちぼちこのへんで・・・ね?」
と一斉に足並みそろえてスタートダッシュ。

そして震災を苦い思い出のように、
誰ひとり一度も振り返ることなく、
走り去っていくのではないだろうか?

被災者を取り残したまま。


そのほうが困る。


さて、仙台の桜の開花はこれからだが、
私はお花見しようと思ってる。

もちろん夜ではなく、お昼にね。

お気に入りの公園の藤棚の下のベンチに座り、
ぽかぽかの陽の光を浴び、春風を受けながら
水筒に淹れてきた熱い緑茶をカップに注ぎ
柏餅(あれば桜餅)をいただくのが恒例なのだ。

私にとって、桜は「再生」の象徴。

満開の花の下で、その美しさに浸りながら
「今年も桜を愛でることができた」の感謝と、
震災で亡くなられた方の鎮魂の祈りと
「残された私達は命をつないでいくよ」の決意をするために。

これから長い長い復興へ向けて
がんばり続ける力と勇気を桜はくれると思うから。
 
ランキングに参加中です。応援してね♪
クリック!
人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

今朝のNHKのあさイチです。
被災地の方から
お花見自粛しないで下さい。
東北のお酒を飲んで楽しんできてください。
と、いうFAXが紹介されてました。
私も「お花見自粛」はおかしいと思います。
「お花見でのバカ騒ぎ自粛」には賛成ですが。
私もかつらさんみたいにお花見に行こうと思っています♪
桜は日本の春の象徴でしょう。こんなに元気をもらえる花を見るな~!なんておっかしいです。

お久しぶりです(´∀`)

お花見自粛を言い出したのは都知事だったような…どんちゃん騒ぎは確かにいらないけど、西日本のライトアップ自粛もどうでしょう…確かに輪番停電してる地域からは節電してよ!!と思われるかもしれませんが、桜祭りくらいはライトアップもありでは…と(´Д`)
米子市は恒例の桜祭りを一時期は中止も検討しましたが、東日本支援イベントとして開催することにしました(´∀`)
すべてが自粛ではなく、使うときに使わないと経済が回りません。
日本を復活させる手助けになれば使う甲斐もあると思います(´∀`)

本当の意味は?

さくら見物
日本人が本当にまちどおしい春の訪れを
みんなで楽しく見るのがおかしいって?
かつらさんの意見に賛同します
被災者の方の意見ならば仕方ないけど
そうじゃないような・・・・
なんでも自粛してたら経済回らない
復興も遅れるし
みながじめってどうするの??
そろそろいいじゃない??
って私も感じる
自粛じゃなくそれをして
明るく前をむこうのであればいいとおもう

初書き込みです。

お花見を自粛しろと言ったのは東京都知事の石原さんの
ようです。あの方、少しおかしいですよね。天罰だの??
状態になる発言ばかり。被害に遭った方々の中からは、
こんな意見も。日本酒やお弁当が売れなかったら経済も
困るからそんなの辞めて欲しいとの事でした。確かにお酒
関係・お弁当など売れなくなると困りますよね。これが縁で
値上げするのも考えられるし。都知事なんだから少し発言
気を付けて欲しいって思いました。遅くなりましたがかつら
さんが無事で良かった。宮城の達人さんも全員無事らしい
ので正に懸賞・悪運パワーといった所でしょうか?(笑)
まだ余震が続くと思いますが無理しないで下さいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

小島かつら

Author:小島かつら
懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介しています!


懸賞なびサイトに連載中!
小島かつらコラム

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内を検索

著書・雑誌掲載

★懸賞なびに掲載されました!
















●その他雑誌・テレビ等の掲載記事

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>