あれから5年

2016.03.11 (Fri)

ここ数日ぐずついた天気だったけれど
今日は、ぽっかりと明るい春の朝になった。

20160311122617183.jpg

まずは、いつものように水を入れた電気ポットを
セットしてお湯を沸かす。

冷蔵庫にある卵と野菜でオムレツとスープを作る。
パンと牛乳とヨーグルトを添える。

暖かい部屋で、音楽を聴きながら、朝食をいただく。

水と電気とガスと食料と灯油がある「ふつうの暮らし」が
ほんとうはとてもありがたいことなんだ
と思い出させてくれる日。

ゴミを出せば、ちゃんと回収車が来てくれる。

(5年前は、瓦礫の処分でとどこおっていた)

ついでにハガキを出しに行くと、交差点で信号は
規則正しく点滅し、クルマはスムーズに流れていく。

(5年前は、ガソリンが買えなくて長い行列ができていた)

ハガキを投かんするとポストの底に落ちる鈍い音がした。

(5年前は、ポストの口がしばらく封じられていた)

いつものことが、なんだか、いちいちありがたい。

あと数日もすれば、これらが当たり前のことに戻り、
慌ただしく過ごすようになるかもしれないけれど
被災の体験から、ちゃんと学んで、
それをちゃんと生かして、感謝して生きていくこと。

それが震災で亡くなられた方々に対して、
唯一、報いられることのように思う。

大切な人を亡くした方々の悲しみが癒えますように・・・。

 
ランキングに参加中です。応援してね♪
クリック!
人気ブログランキングへ

FC2Blog Ranking

 



<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

かつらさん、お久しぶりです。
こちらは朝から昼頃まで冷たい小雪混じりの雨でした。
5年目のあの日です。市の防災無線にあわせて黙とうしました。決してあの日を忘れません。
日々を大事にして、出来る事をし、被災された方々に思いを寄せる事も忘れずにします。

TJさんへ

あたたかいコメントありがとうございます。
5年前も、ずっと気にかけて支援してくださり
ほんとうに心強かったです。
今日は、皆さんのご支援&応援への感謝も
再確認する日でもあります。

ほんとうにありがとうございます。
愛を送りますね~♪

コンビニに設置してある募金箱に
募金してきました。
あれから5年、まだ5年です。
新聞やテレビで被災地の方の
癒やされない傷を見聞きするたびに
心が痛みます。

もう五年いえ、まだ五年です。
未だにあの光景はトラウマで
ニュースも見たくなく
ただでさえきついのに思い出したくない自分がいます。情けないけれど
震災に合われたかたのほうが
よほど強くて前向き。
見習わないといけないなぁ
平和な日々が皆さんに早く訪れますように

サスケさんへ

募金・・・私もしてこようと思いました。
こういう心がけ大事ですよね。

ここは懸賞のブログですけれど、
得した、もらったという話ばかりではなく、
感謝したり与える大切さも伝えていきたいです。

はんぞうさんへ

あたたかいお気持ち、伝わってきました。
ありがとうございます。

情けなくないですよ~。

実は私も、つらくなって、テレビはあまり
長いこと見られませんでした。

気持ちの回復の度合いも、人それぞれですし
それを「いいよ」と許容しあえれば、と願います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

小島かつら

Author:小島かつら
懸賞の楽しみ方、当選報告、デコハガキの作り方など懸賞生活の日常を楽しく紹介しています!


懸賞なびサイトに連載中!
小島かつらコラム

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内を検索

著書・雑誌掲載

★懸賞なびに掲載されました!





小島かつら (著) 白夜書房



小島かつら (著) 翔泳社
1,512円(税込)


●その他雑誌・テレビ等の掲載記事

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>